スコッチウィスキー 6 大生産地

スコッチ6大生産地

<アイランズ>

アイラ島を除く、スコットランドの北岸から西岸にかけて点在する島々の総称。

各島、蒸溜所の個性がはっきりとしており、島育ちの個性派が揃う。

 

<ハイランド>

スコットランド北部の広大な土地に点在するハイランド・モルト。

様々な個性ある蒸留所が存在しており、伝統的な味を継承しつつ、互いを意識し、しのぎを削っています。

オールド・プルトニー、グレンモーレンジなどを含む北は比較的力強く、東は地理的、特徴的にもスペイサイドに近い。

中央にはエドラダワー、グレンタレットなど、フレッシュな個性はモルトが揃う。

 

<スペイサイド>

ハイランド地方の北東部に位置するスペイ川流域で、スコットランド最大のウイスキー生産地。

エレガントで花のように華やかな、バランスに優れた名酒が多い。

ザ・マッカラン、ザ・グレンリベットなど錚々たる蒸溜所が揃う。

 

<ローランド>

穏やかな気候風土の影響からか、飲みやすく繊細なライトタイプのモルトウイスキーが多い。

元来ローランドモルトは3回蒸溜が多く、おだやかで、麦の風味を感じさせるソフトなタッチが多いのも特徴。

また、グレーンウイスキー工場やブレンド業者などの大半もローランドにある。

オーヘントッシャン、グレンキンチー、ブラッドノック蒸溜所がある。

 

<アイラ島>

ヘブリディーズ諸島最南端の島。

豊富なピートを焚き込まれ、海風の中で眠るモルトは、独特なヨード香やピーティさを持ち、潮の香りを感じさせるのが大きな特徴。

特に南岸のアードベック、ラガヴーリン、ラフロイグはスモーキー。

ブナハーブン、ブルックラディは比較的ライト。

ボウモアは中間的でアイラモルトの入門編としてもいい。

 

<キャンベルタウン>

アーガイル地方キンタイア半島先端にある小さな港町。

全盛期には30を超える蒸溜所があったが、現在は3カ所のみ。「ブリニー」と表現される塩辛さが特徴。